誰でも簡単!サクッと環境認識!週末編 2020/02/15

2020年3月31日

こんにちは!今日は土曜日で市場もお休みなので、いつもより上の足の環境認識をして来週に備えようと思います!

使うもの

日足チャート

週末編では、日足チャートを主に見ていきます。

MA(SMA)&EMA

・20MA

・20EMA

・100MA(週足20MA)

RCI

・期間

9 26 52

ドル円

・サクッと環境認識!

2019年10月14日に100MA(週足20MA)とのクロスが確認されて以来、基本の狙いはロングになります。

クロスが確認されて以来、日足のRCI短期線の動きに乗り続けるだけでひたすら爆益だったわけですが、これは過去の動きを見ての結果論です。リアルタイムで先の見えない状況だとなかなか難しいです。ですが、両面は取れなくても少なくともロングは入っていい展開でした。理由は2つ。

①損切ラインがわかりやすい。

まず、上位足の20MAに対してローソク足が上に位置しているのか下に位置しているのかでトレンドを見極めているので、実体でブレイクして定着するようであれば切る。というシンプルな損切が出来ます。

②ロングはスワップがめちゃ美味しい。

日足チャートのみでトレードするとなると、当然スイングトレードになります。となると、短くても数日間はポジションを持ちます。数日ポジションを持つとなるとスワップは非常に大切です。ドル円やドルフランのロングにはかなりスワップがつくので、順張りでのロングであれば握力が高まります。私はスワップ投資はやりませんが、それなりに根拠のあるトレードにおいて強い追い風になることは事実です。

過去の話はこれくらいにして、来週どうなるのかという話。

基本的に、ドル円の来週の方向感は下で見ています。

理由は3つ。

①高値切り下げ ②RCI短期線の動き ③平均足で陰線確定

基本の狙いはロングなので飛び乗りショートとかはしませんが、

日足考察のドル円は

ショートが有利

と見ています。(もちろん予想です。)

ユーロドル

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

クロスも成立、下位線2本が売られすぎゾーンにロックされている状況です。MAとの乖離状況から多少の反発はあるかもしれませんが、そこのロング拾うのはあまりにも危険です。むしろ狙うべきはその反発上昇が終わるところです。つまり、戻り売りを狙うべきです。

日足考察のユーロドルは

ショートが有利

と見ています。

ユーロポンド

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

昨年の9月にクロスが成立し、下降トレンドとなって以来ずっとこの状況です。直近で見ても高値切り下げ、安値も更新している状況です。とてもロングは入りたくない。上位線二本はパワーを失い、短期線がロックされるのかな?という状況です。ただ、短期線のみが上昇する可能性はあります。来週1週間のどこかで一度上昇に転じる可能性はありますが、狙うべきはショートなので戻り売りを狙いたいですね。

日足考察のユーロポンドは

ショートが有利

と見ています。

ユーロ円

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

上昇トレンドが終了し、クロスが成立です。どこかで短中期線の反発の可能性はありますが、長期線の下降余地から基本的には戻り売りを狙うのが安全です。

日足考察のユーロ円は

ショートが有利

と見ています。

オジドル

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

オジドルチャンスですね。短期線と長期線に下降余地があります。中期線はロックされている状況です。下位足で買われすぎが確認できればショートを持ちたいです。

日足考察のオジドルは

ショート有利

と見ています。

オジ円

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

こちらも基本の狙いはオジドルと同じです。どちらも持てれば良いですが、スワップを考えるとオジドルで長く持った方がいいですね。

日足考察のオジ円は

ショートが有利

と見ています。

ポンドドル

・サクッと環境認識!

今は狙いなしです。

クロス成立後、昨年の10月から長らく上昇トレンドが続いています。ようやく一度週足の20MAにタッチしました。しっかりとサポートとして機能して再度上昇していますが、この後の動きはなんとも言えないところ。短期線が折れれば一気に下目線で週足20MAを割りに行く展開になるかなと見ています。ただ、ここからショートを持つというよりかは週足20MAを下抜けした後に戻り売りを狙いたいです。

日足考察のポンドドルは

静観すべき

と見ています。

ポンド円

・サクッと環境認識!

今は狙いなしです。

基本的な考えはポンドドルと同じです。ここからロングやショートを狙いに行くのではなく、わかりやすいトレンドを待つべきです。

日足考察のポンド円は

静観すべき

と見ています。

ドルフラン

・サクッと環境認識!

基本の狙いはショートです。

昨年の12月に成立したクロス以降、初めて週足20MAにタッチしに行く動きを見せています。しかし、一度で週足20MAをブレイクして定着することはないと見ています。長期RCIも上昇開始しているものの下位線2本は上昇余地がほとんどありません。下降開始を確認、もしくは平均足で陰線確定したら下位足での買われすぎをつかってショートを狙いたいですね。

日足考察のドルフランは

ショートが有利

と見ています。

ドルカナダ

・サクッと環境認識!

基本の狙いはロングです。

クロスが成立し、上昇トレンド開始です。非常にわかりやすい形でチャンスです。押し目買いを狙います。

日足考察のドルカナダは

ロングが有利

と見ています。

カナダ円

・サクッと環境認識!

今はクロス待ちです。

下降の可能性の方が高いと見ていますが、中期線の上昇もあるのでここでショートは持ちません。クロスが成立すればそのあとに来る戻り売りを狙います。

日足考察のカナダ円は

静観すべき

と見ています。

フラン円

・サクッと環境認識!

基本の狙いはロングです。

日足20MAをしっかり下抜けして下降中ですが、今はまだ週足20MAに対してローソク足は上を維持しています。このまま下位線2本が売られすぎゾーンにロックされて週足20MAをブレイクしてような動きを見せればもちろんロングは持ちません。しかし、一度週足20MAがサポートとして機能する、またはそれよりも前に下位線の反発上昇があるのではと見ています。そこでこの上昇トレンドで最後のロングを持てればいいです。

日足考察のフラン円は

ロングを最後に狙う

予定です。(笑)

最後に

本日は、サクッと環境認識!をはじめてから初めての日足環境認識をしました。

基本的にやることは普段の環境認識と同じです。しかし、トレンド判断がよりしやすいので勝率の高いスイングトレードがしやすいです。今後は、週末に日足での環境認識とスイングトレード考察も行っていければと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。