誰でも簡単!サクッと環境認識! 2020.11.25

おはようございます!本日もサクッと環境認識!していきます!

ドル円

4H

長期STCトレンドはまだ下降中ですが、日足MACDのゴールデンクロスが確定しています。STCはざっくり言うとMACDをストキャスティクス化し、相場の過熱感を視覚的に捉えやすくしたものです。私がどちらも採用しているのは、MACDのGC・DCがSTCの転換よりも先に起こったり、その逆もまたある為です。これによりEAオンオフの対応が遅れることを防いでいます。

さて、昨日の記事でも書いたドル円のショートは無事に利確できました。この後はひとまず様子見します。日足MACDがGCしているものの、長期STCトレンドはいまだ下降中ですし、4時間足のSTCが買われすぎゾーンに滞在中です。これが下降した時の価格の下落が大きいと日足MACDのDCが発生し、長期STCトレンドは下降継続なんてことも全然起こります。日足MACDのGCが確認できたからと言って即座にロングでEAを運用すると下落が予想以上で再度下降トレンドが発生しているのにロングを持ってしまうということになりかねないです。

ユーロドル

4H

ユーロドルは長期STC上昇トレンド継続中です。ただ、上値重そうでロングはなしですね。ドル円で日足MACDのGCが発生していることも気になります。この後はトレンド転換を待ちます。

GBPUSD4H

ポンドドルも同じくSTCトレンドは継続中です。水平線を上抜けし、ユーロドルに比べるとロングを持ちたい状況ですが、同じくドル円が気になります。どちらにしてもSTCトレンドが継続していることを条件にエンベロープ0.5付近まで下がってこなければロングは持たないです。ドル円とポンドドルのこの後の状況次第でロング運用する可能性はある。程度が現状です。

AUDUSD4H

ポンドドルと同様です。

本日以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました